美白化粧品と美白サプリ、どっちが効く?

美白化粧品美白サプリ
ドラッグストアなどに行くと、本当に多くのサプリメントや美容ドリンクがあることに驚きます。

 

美容に気を使っている女性なら、一度は試したことがあるのではないでしょうか?

 

もちろん、美白に特化したサプリやドリンクもたくさんあります。

 

となると気になるのが、
「美白化粧品を使ったらいいのか、それともサプリやドリンクのほうが効くのか?」ということ。

 

美白化粧品は肌に塗って効かせる「外から美白」、サプリやドリンクは飲んで効かせる「内から美白」とも言えます。

 

それぞれの特徴を見てみましょう。

 

まず、美白化粧品は肌に直接塗るので、シミやくすみなどの肌トラブルがある場所へダイレクトに届くという特徴があります。

 

ただ、使い方や成分によっては浸透が悪かったり、一度に届けられる量は限られたりします。

 

反対に、サプリやドリンクは飲んで摂取するので吸収がいいケースが多いです。
ただし、摂取したものは体全体にいきわたるので、顔の肌という狭い範囲に届くのはごく少量になってしまいます。

 

このことから、今あるシミやくすみに効かせたいなら、美白化粧品の方が効果的だと言えます。

 

サプリやドリンクは予防的、補助的に使うといいようです。

 

よく、「コラーゲン入りのスープを飲んだら翌朝には肌がプルプルになった」などと言いますよね。
しかし実際には、口から摂取したコラーゲンが顔の肌に使われるのはごく少量で、しかも翌日にすぐ効果が出るほど即効性があるということはないそうなんです。

 

体内でもっとコラーゲンを必要としている、優先順位の高い場所から使われていくので、顔の肌はかなり後になってしまうということらしいです。

 

そうは言っても「でも本当に肌の調子がよくなったと感じたことがあるのに!」と思う方もいらっしゃると思います。

 

私はそれはウソではないと思っています。「病は気から」ではありませんが、「これで肌がきれいになる」と思った方が、肌は答えてくれるのだと思います。

 

そこに科学的根拠はありませんが、実際にはそういうことが多数起こっているのではないかなと思います。

 

これは、美白化粧品を使うときも同じです。
「効かないかもしれない」と疑って使うよりも、「これできれいになるんだ」と信じて使う方が肌に効果的に働いてくれるはずですよ!

 

美白化粧品敏感肌

 

 

 

 

 

美白化粧品ランキング