そもそもなぜ、美白化粧品が必要なの?

美白は必要?

 

巷に山のようにあふれる美白化粧品。

 

あなたが美白化粧品を手に取ろうと思うのは、
どんなときですか?
「シミができた」から?
「日焼けした」から?
あるいは「春になって新製品が出た」から?

 

理由は様々でしょうが、では、美白ってなぜ必要で、どんなことをしてくれるのでしょうか?

 

意外と知らない美白の仕組みを簡単に見ていきましょう!
美白の仕組みをご紹介する前に、まず「どうして肌は日焼けするのか」、そのメカニズムをざっと見てみます。
まず、肌が紫外線のもとにさらされると、肌の中にメラニン色素が作られます。
このメラニンがシミやくすみの原因となるので、つい「メラニンが悪い!」と考えやすいのですが、実はメラニン自体は悪者ではないんです。
紫外線から体の細胞を守る、いわば日傘のような存在で、通常はターンオーバーとともに、体の外に排出されます。
しかし、何らかの原因によってこれが排出されないと、肌内にメラニンが残ってしまい、その色素が透けて見えることで、シミやくすみになってしまうというわけです。

 

なぜ、メラニンが排出されないのか?
その理由には、
@メラニンが作られすぎてしまい、排出が追い付かない、
Aターンオーバーの乱れによってメラニンがうまく排出できない

などの理由が考えられます。

 

とすると、必要なのはメラニンをいかに作らせすぎないか、または排出させるか、ですよね。

 

それに働きかけるのが美白化粧品だといえます。

 

具体的にどうなっているかというと、メラニンができて溜まってしまうまでのステップのどこかを食い止めるわけです。
メラニン生成のメカニズムを詳しく見てみましょう。

 

まず、紫外線に当たると、
@メラノサイトという場所が刺激され、「メラニンを作れ」という指令が出ます。
命令を受けたメラノサイトは、メラニンを作るためにAチロシナーゼという酵素を作り、
B作られたメラニンをケラチノサイトという場所に運び、
それがCターンオーバーとともに肌の奥から表面に移動していきます。

 

この4つのステップのうち、どこかを食い止めるのが、だいたいの美白化粧品なんです。

 

どこか1か所に働きかけるものもあれば、複数個所に働くものもあります。
また、そのためのその成分もメーカーによって様々です。

 

このように、一口に美白と言ってもその仕組みは化粧品ごとに違います。
だから、何が効くかは人それぞれなんです。

 

 

・予防効果に期待!オススメはこちら♪
・超浸透型ハイドロキノンでできてしまったシミに強力アプローチ!はこちら♪
・やさしく的確に!なハイドロキノンでゆっくり美白はこちら♪
・敏感肌の方に朗報!敏感肌さんでも安心して使用できる美白ケアはこちら♪

 

 

 

「友達に効いたから、自分にも効く」は美白には通用しないことが多いので、
まずはいろいろ試してみることが大切なんですね!
美白化粧品保湿糖化

 

 

 

 

 

 

 

美白化粧品ランキング