紫外線をたくさん浴びた日にまずやる3つのこと

汗で日焼け止めが流れてしまったり、海などのレジャーに行ったり・・・
普段気を付けて美白ケアをしていても、ついうっかり「焼けちゃったな」「紫外線をたくさん浴びたな」という日もあると思います。

 

そんなとき、紫外線ダメージを最小限に食い止めるために、まず行いたいケアが3つあります。

 

まず、@肌を冷やすこと。
日焼けというのは、一種の火傷です。
日焼けした肌がほてって赤くなるのを経験したことがある人もいると思いますが、そこからもイメージできますよね。

 

まずは、熱を押さえて炎症を抑えてあげることが大切です。
保冷材などで直接冷やしてもいいですし、
化粧水を冷蔵庫で冷やしてパッティングするのも気持ちよくておすすめです。

 

次に、Aいつもよりしっかり保湿すること。

 

紫外線を浴びた肌は乾燥しやすい状態です。
乾燥は、シミやくすみを悪化させるので、とにかくいつも以上にたっぷり水分を与えてあげましょう。
いつものように化粧水をのせたら、もう一度コットンにとってパッティングする、化粧水の重ねづけもおすすめです。

 

また、シートマスクも、日焼け直後のケアに最適です。
水分をたっぷり肌に浸透させられる上、肌を冷やして鎮静させる効果もあるので、一石二鳥です。

 

最後に、Bたっぷり水分を摂ること。

 

これも乾燥を防ぐためです。
体の中からも水分を補給して、肌に潤いを与えましょう。
特に夏は、汗をかいて水分不足になりやすいので、1,5〜2リットルを目安に水分を摂るようにしましょう。
イオン飲料は吸収がよくておすすめですが、糖分が入っているものも多いので、飲みすぎには気を付けてください。

 

うっかり紫外線をたくさん浴びてしまった日も、焦らずこれらのケアを行って、ダメージを最小限に食い止めましょう。
色白肌の美白ケア

 

 

 

 

 

 

 

美白化粧品ランキング