20代、30代、40代・・・年齢別・美白ケアのポイント

年代別美白

 

 

「美白したい」と考えている女性は多いですが、
一口に美白と言っても、その悩みは人それぞれです。

 

さらに、それは年齢によっても大きく変わります。

 

20代と同じケアを40代の方が続けていても、どうしても効果は表れにくくなってしまいます。
それは、それぞれの年齢にあったケアが必要だからです。

 

20代、30代、40代の年齢別に、美白ケアのポイントをご紹介します。

 

20代は保湿と角質ケアを重視!

 

まず20代です。

 

20代はまだまだ肌体力も高く、シミもあまり肌表面に現われませんが、肌の奥ではシミの予備軍が生まれています。

 

また、仕事に遊びにと忙しい20代は生活が不規則になり、肌のターンオーバーが乱れがちです。

 

古い角質が溜まって肌が厚くなると、ゴワゴワと固くなり、くすんでしまいます。

 

乾燥も気になり始めますので、まずは保湿力の高い美白化粧品で基本のケアをしながら、マイルドピーリングやスクラブなどで古い角質が溜まらないように気を付けましょう。

 

スクラブやピーリングが肌を傷めそうで怖いという人に、おすすめの使い方があります。
それは、スクラブを洗顔料と混ぜて使うことです。

 

よく泡立てた洗顔料に、スクラブを少量混ぜ、肌の上を転がすように洗います。

 

泡と混ざることで肌あたりがマイルドになり、使いやすいですよ。

 

30代は糖化ケアをスタート!

 

次に30代です。
30代になったら、糖化に働きかける美白化粧品を選びたいところです。

 

糖化とは、タンパク質が糖と結びつくことで、これが肌で起こると黄色っぽくくすみ、弾力を失ってしまいます。
エイジング現象の一つとされ、早ければ30代から気になる人が出てくると言います。
美白化粧品の中には、この糖化に働きかけるものも多く出ているので、選んで使いたいところです。

 

もちろん、保湿力の高いアイテムならなおいいです。また、糖化は糖分を食べすぎたり、血糖値が急激に上がるような食生活をおくったりしていると起こりやすいと言われています。

 

糖分を摂りすぎない、野菜から食べるなど血糖値が上がりにくい食事を心がけることも大切です。

 

40代は+スポットでダブルケア!

 

最後に40代です。40代になると、シミやくすみのほか、シワやたるみなど、悩みも複合的になってくるケースが多いです。
エイジングケアと美白が同時にできる、大人専用の美白化粧品が適しています。

 

また、目に見えるシミが気になる方は、全顔用の美容液に、スポッツ美容液(部分用美容液)を重ねて、ダブルでシミにアプローチしましょう。

 

また、肝斑など、女性ホルモンによるシミが出やすいのもこの世代です。
肝斑にはサプリやお薬も効果的ですので、取り入れることをおすすめします。

 

 

どの世代にも共通するのは、UVケアをしっかり行って紫外線ダメージを最小限にすることと、美白化粧品を基本ケアに取り入れること。

 

早いうちから始めれば始めるほど、シミやくすみは現われにくくなります。

 

自分の年齢に合った正しい美白ケアを行いたいですね。

 

20代がやっておくべき3つの美白ケア
30代がやっておくべき3つの美白ケア
40代がやっておくべき3つの美白ケア

 

 

美白化粧品シミ

 

美白化粧品ランキング