どの美白成分がいちばん効くの?

美白化粧品の要ともいえるのが、美白成分です。

 

ブランドやメーカーによって様々な成分がありますが、「なんだかよく分からない」という方も多いと思います。

 

ここでは、代表的な美白成分をご紹介します。

 

まず、美白成分とは何なのかというと、文字通り美白に働きかける成分のことです。

 

具体的に何をしてくれるのかというと、
シミやくすみの元となるメラニンが肌内に溜まらないように働きかけるものが多いです。

 

詳しく言うと、
「メラニンを作らせない、メラニンが溜まらないようにスムーズに排出させる」
この2つのアプローチが代表的です。

美白化粧品シミ透明感

 

また、美白化粧品の中には「医薬部外品」というものがあります。

 

これは、厳しい審査を通った成分が入っているものだけに許された名称で、
よく「化粧品以上、薬未満」などと例えられたりします。

 

普通の化粧品より、よりパワフルな効果が期待できるものが多いです。

 

では、具体的に成分を見ていきましょう。

 

代表的な美白成分としては、
ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチン、ハイドロキノンなどがあります。

 

これらはすべて、医薬部外品として認められた有効成分です。

 

まずビタミンC誘導体とアルブチンは、メラニンを作らせるチロシナーゼという酵素を抑制します。

 

トラネキサム酸は、シミがある部分の炎症を抑え、メラニンが作られる場所であるメラノサイトの活性化を抑制します。

 

ハイドロキノンはメラノサイトを減らす働きと、チロシナーゼを抑制する両方の働きがあります。

 

このように一口に美白成分と言っても、どこにどのように働くかは成分によって異なりますし、
どの成分が効果的かは人によって違います。

 

また、成分によっては肌に合わないこともあるので、トライアルキットなどで試して自分にぴったりの成分と化粧品を見つけてください。

 

美白化粧品顔のくすみ原因

 

 

 

 

 

美白化粧品ランキング