20代がやっておくべき3つの美白ケア

シミがなくても、肌の奥には「シミ予備軍」がいっぱい!

 

よく「お肌の曲がり角は25歳」などと言ったりしますが、実はこれ、個人差がすごく大きいのです。

 

私たちの肌体力は生まれた時がピークで、どうしても年々下がっていってしまいます。
そして、どこかでその変化が顕著に肌に現われることを「曲がり角」と言ったりしますが、
これは肌にどれだけダメージが蓄積されているかも大きいのです。

 

つまり、早くからケアを心がけている人と、無頓着な人では、曲がり角が来る時期も異なるのです。

 

言われてみれば当たり前の話ですが、これは意外と忘れがちな事実。
曲がり角が来てから「あぁ、まずい!」と思ってケアを始める人も実際多いと言います。

 

しかし、肌は一生もの。

 

早くからのケアで、曲がり角のなかなか来ない肌を目指したいですよね。

 

ところでなぜ、このような話をしたかというと、20代女性にとっての美白ケアについても同じことが言えるからです。

 

20代の肌はまだまだ元気。
シミに悩んでいるという人もまだ少ないと思います。

 

しかし一見シミが見えなくても、肌の奥には「シミの予備軍」が潜んでいることも多いのです。

 

よくテレビCM等でやっていますよね。
特殊な光を当てると、肌の奥にあるシミの素が見えるというもの。あれです。

 

気になる方は、化粧品カウンターに行くと見られることも多いので、やってみてください。

 

このシミの予備軍が将来シミになるか、ならないかはこれからのケアにかかっています。

 

「まだ美白ケアはいいや」と思っている方も多いかもしれませんが、「シミの芽」は早く摘み取るに限ります。

 

30代になってシミに悩み始めてからケアするよりも、今の段階でケアする方がはるかに楽だし、効果が出やすいです。

 

メリットがたくさんの20代の美白ケア、今やっておくべき3つのケアをご紹介します。

 

紫外線ケアが何より大切!

まずは、紫外線ケアを欠かさず行うことです。
シミ、くすみの主な原因は紫外線によるものです。

 

紫外線により肌内にメラニンが作られ、これが蓄積されてしまうと、シミやくすみになります。

 

美白化粧品を使うことも大切ですが、まずはこの「入ってくる敵」をブロックしましょう。

 

基本的なことですが、日焼け止めを毎日塗るようにします。
紫外線のピークは5月ですが、一年中紫外線は降り注いでいます。
また、曇りの日や室内でも影響を受けてしまいます。

 

「洗顔したら日やけ止め」を習慣にしましょう。
日焼け止めの選び方ですが、日常生活ではSPFは30あれば十分です。

 

肌が弱い人は、SPFが低いものをこまめに塗り直すのがおすすめです。

 

美白と保湿はセットと心得て!

次に、きちんと保湿することです。

 

「美白なのに保湿?」と思うかもしれませんが、美白と保湿は密接に関係しています。

 

まず、潤った肌は焼けにくいです。
これは、魚に例えると分かりやすいかもしれません。
水分を含んだ生魚は焼くのに時間がかかりますが、干物はすぐに焼けますよね。

 

同じようなことが肌にも言えるのです。

 

そして、乾燥した肌はそれだけでくすんで見えます。

 

乾燥すると肌のキメが乱れてしまい、肌表面に当たる光が乱反射してしまうのでところどころに影ができ、暗く見えてしまうというわけです。

 

20代だと、シミよりくすみが気になるという人も多いと思いますが、
そのくすみの原因が、乾燥によるキメの乱れであることも多いのです。

 

さらに、乾燥すると肌のターンオーバーが乱れ、肌内のメラニンが排出されにくくなってしまいます。

 

メラニンすべてがシミになるのではなく、通常はターンオーバーとともに肌の外へ出ていきます。

 

これがうまくいかずに過剰なメラニンが溜まってしまうとシミになるというわけです。

 

このように、美白と保湿は切っても切れない関係です。

 

さっぱり感触が好きな人も多いと思いますが、乳液やクリームまでしっかり使いましょう。

 

美白美容液を選ぶときは、保湿力の高いものを選ぶのがおすすめです。
そして、使い方も重要です。
化粧品をすぐに重ねていってしまうと浸透する前に肌で混ざり、効きにくくなってしまいます。
化粧水をつけたら、きちんと浸透するまでハンドプレスしてから次を塗るなど、ゆったりケアを心がけましょう。

 

角質ケアを取り入れて明るい肌に!

最後に、角質ケアを取り入れることです。

 

20代は肌も体も元気なので、ついつい無理をしがちです。
遊びに仕事に忙しく、睡眠不足になったり、食事が不規則になったりしやすいです。
そうすると、肌のターンオーバーが乱れやすくなります。

 

上でも述べたように、ターンオーバーの乱れは、それだけでくすみの原因になりますし、シミにもつながってしまいます。
また、20代でシミに悩んでいるという人の多くが、紫外線によるシミよりも、ニキビ跡などの色素沈着によるシミで悩んでいると言います。

 

ニキビ跡を早く薄くするには、やはりターンオーバーを促すことが重要です。
スクラブやピーリングなどの角質ケアアイテムを取り入れましょう。

 

そして、これらのアイテムを使う時に気をつけたいのが、肌をこすらないことです。

 

摩擦は肌の炎症の原因となり、くすみやシミへつながります。
スクラブを使う時はごしごし指で押さえず、肌に対して垂直に押すようにします。

 

しっかり泡立てた洗顔料に、スクラブを混ぜて使うのも、使用感がマイルドになっておすすめです。

 

また、ふき取り化粧水や美容液を使う時は、コットンがひたひたになるくらい、たっぷり含ませましょう。

 

少ないと、コットンで肌をこすることになってしまいます。

 

以上が、20代が気をつけたい、美白ケアのポイントです。

 

若いからといって油断せずに、年齢に合った美白ケアを心がけましょう!

20代におすすめの美白化粧品はこちら

20代におすすめしたい美白化粧品が、ライスフォースです。

 

ライスフォースは、もともと保湿力に定評があるブランドで、
その実力は、多くのモデルやヘア&メークさんが愛用していることからもうかがえます。

 

20代の美白ケアにはまず保湿が欠かせませんから、ライスフォースがぴったりなのです。

 

しかも、ライスフォースのトライアルキットには、20代がぜひ取り入れたい角質ケアができるふき取り化粧水と、美白美容液もセットになっています。

 

保湿しながら角質ケアができる、

 

そして美白美容液でしっかりとメラニンへの対策も行えるという、20代が行いたいケアをすべてかなえてくれるキットです。

 

ライスフォースの美白美容液は、メラニンに働きかけるビタミンC誘導体のほかに、保湿成分もダブルで配合されています。

 

だから保湿力も抜群!

 

「美白は乾燥する」というイメージを払しょくしてくれること間違いなしです。
お値段もお手頃でトライしやすいのも嬉しいところ。
ぜひ試してみてください。

 

ライスフォースの詳しい情報はこちら

 

 

 

 

美白化粧品ランキング