30代がやっておくべき3つの美白ケア

30代は、最も美白ケアが必要な世代!

 

「30代になってシミが急に目立ってきた」「どんよりしたくすみが取れにくくなった」。
こんな風に感じる30代が多いと言います。

 

それもそのはず、30代はシミやくすみができやすい世代なのです。
その理由を簡単に見てみましょう。

 

まず、肌の中に蓄積された紫外線ダメージが表面に出てきやすいこと。
紫外線を浴びたからと言って必ずシミになるわけではありません。

 

紫外線によるメラニンは、正常に排出されればシミにはなりませんが、
何らかの理由で過剰に作られてしまったり、排出されずに残ってしまったりすると、シミとなって肌表面に現われてしまいます。

 

肌の奥には、まだシミとして現われていない「シミ予備軍」がたくさんいますが、
これがシミとなって出てき始めるのが30代だと言われています。

 

次に、30代は肌環境が目まぐるしく変わりやすいことです。
女性の30代は目まぐるしいです。
結婚や出産によってライフスタイルが大きく変わったり、仕事では責任のある仕事を任せられたりします。

 

ストレスや睡眠不足からホルモンバランスが崩れたり、また妊娠、出産後はシミができやすくなったりもします。

 

このような環境の変化が、肌ストレスにつながり、シミやくすみを作りやすくするというわけです。

 

そんな30代は最も美白ケアをすべき世代。
でも、巷には数多くの化粧品や美容法があふれていて、何を使ったらいいか、どんなケアをしたらいいか迷いますよね。

 

そんな方のために、30代女性がやるべき美白ケアを3つにまとめました。

 

さっぱりタイプは卒業!

とにかく保湿を!
30代になると、肌の水分量の低下が気になってきます。
「洗顔後の肌が突っ張るようになった」
「目の周りにうっすらちりめんジワが出てきた」などの症状は、肌が乾燥し始めているサインです。

 

乾燥しやすく、化粧品も浸透しにくくなってくるので、美白化粧品を選ぶときは、しっとり感のあるものを選びましょう。

 

パシャパシャ使えるさっぱりタイプも気持ちいいのですが、
30代になったら、できればとろりとした濃厚な化粧品を選びたいものです。

 

肌が乾燥していると化粧品が浸透しにくくなり、美白成分が浸透しにくくなってしまいます。

 

化粧水はたっぷり、「肌にこれ以上入らない」と感じるくらいまでなじませ、その後美容液を塗ります。

 

最後に乳液やクリームでフタをするのも忘れずに。

 

また、週に2回程度、シートマスクを使うのもおすすめです。

 

お使いの美白化粧品と同じラインのものがあればベストですが、なければお好みのもので構いません。

 

シートマスクをすると肌の水分量がぐんと上がるので、ほかの化粧品の浸透もよくなります。

 

また、水分量が上がることで肌が明るくクリアになるので、デートやお呼ばれなど、特別な日の朝に使うのもおすすめです。

 

また、30代は乾燥から肌が敏感に傾くことも多いです。

 

敏感肌は、普通肌に比べて紫外線の影響を受けやすく、シミやくすみにもなりやすく治りにくいというやっかいな肌質です。

 

化粧品で赤くなったり、かゆくなったりすることも多いので「美白どころではない」とケアをやめがちですが、

 

敏感肌向けの美白化粧品も出ていますので、敏感に傾いたときは、こうした化粧品で乗り切りましょう。

 

生理前など、定期的に肌が敏感になるという人は、敏感肌向けの美白コスメをお守り的に常備しておくのもいいと思います。

 

糖化ケアで「肌のコゲ」を防ごう!

次に、糖化ケアを始めることです。
30代から糖化によるくすみが気になるという人が出てきます。

 

糖化とは、タンパク質が糖と結びつくことで、エイジング現象の一つとされています。

 

肌だけでなく体内の様々なところで起こるのですが、
肌内では、糖とコラーゲンが結びつくことで肌が黄色っぽくくすんだり、弾力を失って硬くなったりします。

 

この糖化によるくすみは「黄ぐすみ」と呼ばれています。
その名の通り、黄色っぽくくすむのです。

 

これは、お米に例えると分かりやすいのですが、炊きたてのお米は白くてツヤツヤしていますよね。
しかし、時間が経って黄色っぽくなったのを見たことはありませんか?あれが糖化現象です。

 

また、ホットケーキを焼くと、こんがりと焼き色がつきますよね。これも糖化です。

 

牛乳、卵といったタンパク質に糖分を混ぜて加熱することで糖化が起こるのです。

 

このようなことから、酸化が「肌のサビ」と例えられるのに対し、糖化は「肌のコゲ」とも呼ばれます。
コゲた肌は美しくないですよね。

 

対策としては、糖化に働きかける美白化粧品を使うことです。

 

ここ何年か、糖化が大きく注目され、糖化に働きかける美白化粧品も増えました。
化粧品を選ぶ際にはぜひチェックしてみてください。

 

また、食生活に気をつけることも大切です。
糖分を摂りすぎたり、血糖値が急に上がったりすると糖化が起こりやすいので、
甘いものを控えたり、食事の際は野菜から食べるなどのことを心がけてみてください。

 

ストレスも美白の敵!

心地いいケアで解消を!最後に、ストレスとうまく付き合うことです。
最初にも述べたように、30代はライフスタイルの目まぐるしい変化などでストレスを溜めこみがちです。

 

過剰なストレスは、血行を悪くして肌をくすんで見せたり、
ターンオーバーを乱れさせてメラニンの排出を妨げたりと、美白にとっていいことなしです。

 

とはいえ、忙しい毎日の中でストレスを感じるなと言っても無理があると思います。

 

そこでおすすめしたいのが、自分が心地いいと感じるアイテムを生活の中に組み込むことです。

 

まずは化粧品。
いくら効く化粧品だからといって「なんかベタつく気がする」
「香りが好きじゃないな」と思いながら使っていては、スキンケア自体がストレスになってしまいます。

 

感触や香りなど、自分が使っていて気持ちいいと感じる化粧品を選びましょう。

 

好きな香りなら自然と深呼吸したくなるし、丁寧に使いたくなるものです。

 

ストレスを解消しながら、自然とケアにも力が入る。
化粧品の使用感にこだわることは意外と重要です。

 

他にも、アロマキャンドルやディフューザーで好みの香りを楽しんだり、ハーブティーでリラックスしたりするのもおすすめです。

 

甘いものを食べるとホッとするという人は、ご褒美スイーツで元気になるのもいいと思います。
ただ食べすぎは上に述べた糖化のもとになりますので、暴飲暴食には気をつけたいところです。
いかがでしたでしょうか?以上が30代の美白ケアのポイントです。

 

どれも簡単に取り入れられるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

30代におすすめの美白化粧品はこちら

シミやくすみが現われ始める30代におすすめしたい化粧品が、ディセンシア・サエルです。

 

ディセンシアは、敏感肌のために考えられた化粧品ブランドです。

 

そして「美白を避けがちだった敏感肌にこそ美白が必要」という考えから美白ラインが生まれました。

 

30代はストレスや環境の変化から肌が敏感に傾くことが多いので、そういった時のことを考えてもディセンシアはぴったりです。

 

しかし、ディセンシアをおすすめする理由はそれだけではありません。

 

一番のポイントは、30代が気になり始める黄ぐすみを始めとした3つのくすみにアプローチしてくれることです。
3つのくすみとは、乾燥から起こる角層の乱れによる青ぐすみ、炎症による赤ぐすみ、過剰なメラニンによる黄ぐすみです。
3つのくすみが合わさることによってより肌は暗く見えるし、シミも目立ちやすくなってしまうので、
複数のくすみ原因に働きかけるディセンシアはまさに30代にぴったりです。

 

保湿力も高いですし、また、ローズやゼラニウムといった天然の心地いい香りがストレス解消にも一役買ってくれます。
ディセンシア美白化粧品おすすめ
ディセンシア・サエルの詳しい情報はこちら

 

 

 

 

美白化粧品ランキング