40代がやっておくべき3つの美白ケア

美白もエイジングケアも両方かなう時代!

 

40代になって美白化粧品を使うのをやめてしまうという人が意外と多いと言います。
理由としてこんな声が聞こえてきます。

 

「シミも気になるけれど、シワやたるみもケアを優先させたいから」
「美白ものは保湿力が足りなくて、大人の肌には不安だから」

 

確かに、40代の肌は悩みも多様化します。

 

「美白はしたいけれど、それだけじゃ・・・」という気持ちになるのもうなずけます。

 

しかし、大人の肌にこそ美白ケアを行いたいもの。
なぜなら、くすみやシミは、ほかの肌トラブルよりも大きく見た目年齢を上げてしまうからです。

 

しかも、正しく化粧品を選べば、「美白だけじゃ物足りない」という悩みは簡単に解消することができるのです。

 

40代女性ならではの美白ケアのコツをまとめました。

 

エイジングケアもできる「万能美白化粧品」を選ぼう!

まずは、美白化粧品の選び方がポイントです。

 

日本人は美白に対する意識が高く、そのため化粧品メーカー各社は日々研究を重ね、高度な技術や成分で美白化粧品を作り上げています。
美白化粧品は日々進化しているし、日本のクオリティは世界一とも言えるほど高いです。

 

ですから、まず、長年愛用してきた化粧品をいったん脇に置き、新たな化粧品に目を向けてみましょう。
すると、大人の女性に向けた美白化粧品がたくさん出ていることに気づくはずです。

 

大人女性専用の美白化粧品は、本当に万能です。

 

美白はもちろん、シワやハリ対策なども同時に行ってくれます。
もう「美白かエイジングケアか」で悩まなくていいわけです。
美白もエイジングケアも両方できます。

 

さらに、シワやたるみがあると、肌はくすんで見えます。

 

つまり、いわゆるエイジングケアを行うことも、明るい肌に見せるという意味では美白につながります。
まずは、大人向けの美白化粧品を使ってみてください。

 

角質ケアで「化粧品が入る肌」に!

次に、角質ケアを取り入れることも大切です。

 

角質ケアというと若い人のケアというイメージがあるかもしれませんが、実は大人の女性にこそ効果的です。

 

なぜかというと、大人の肌は、余分な角質で厚くなって化粧品が浸透しにくい状態になっていることが多いからです。

 

これは、乾燥を恐れて洗顔料を使わずお湯だけで洗うなどの、間違った乾燥対策から生まれることが多いです。

 

余分な角質が落ちていないと化粧品が入っていかないので、
より乾燥してしまい、さらに乾燥を気にして落とすケアを控えめにする・・・という悪循環を招いてしまいます。

 

まずは厚くなった角質を優しく取り除いてあげましょう。
化粧品の「入り」がいいことに驚くはずです。

 

とは言っても、スクラブやピーリングは余計に乾燥しやすくて抵抗があるという人も多いと思います。
そんな大人女性の肌には、ふき取り美容液がおすすめです。
コットンにとって優しくなじませるようにふき取るだけなので、肌への刺激も少なく、後肌もしっとりしています。
洗顔後に取り入れてみてください。

 

全顔美白とスポット美白のダブル使いがおすすめ!

次に、全顔美白とスポット美白のダブル使いをおすすめします。

 

全顔美白とは、文字通り全体に塗る美白化粧品のことです。

 

いわゆる一般的な美白化粧水や美容液を指します。
ここまでは普通の美白ケアですね。

 

ここに、スポッツ美白、つまり部分用の美白美容液をプラスするケアが、40代女性に効果的です。
なぜかというと、40代になると肌表面に現われて消えにくくなってくる頑固なシミが増えてくるからです。

 

年齢を重ねるにつれ、どうしても蓄積された紫外線ダメージは増えるので、これは仕方のないことです。

 

部分用の美容液は、シミ部分に留まりやすく、浸透しやすいように作られていますので、通常の美白化粧品と合わせて使えば、効果が出やすくなります。

 

ダブルの美白で、頑固なシミと戦いましょう。

 

女性ホルモンによるシミにはサプリも有効!

最後に、シミの種類によってはサプリメントや薬も有効です。
どんなシミにサプリや薬が効くかというと、女性ホルモンが関係しているもので、代表的なものとして肝斑があります。

 

肝斑は、30〜40代で出てくることが多く、特徴としては、左右対称にシミが現われることが挙げられます。

 

頬骨のあたりや口周りなどに、左右対称にシミが出てきたり、
輪郭があやふやな薄いシミが広く出てきたりした場合には、肝斑の可能性があります。

 

肝斑はメラニンによるシミと構造が異なるので、サプリや薬など内側からのケアが有効だと言われています。

 

自分のシミがもしかしたら肝斑かもと思ったら、内側からのケアも試してみてください。

 

大人の肌はケア次第で変えられる!

以上の4つが、40代女性が押さえたい美白ケアのポイントです。

 

若い頃はどうしても、生まれ持った肌質が表に出やすいと言われています。

 

もともと肌がきれいな人にはどうしてもかなわない部分があるということですね。
しかし年齢を重ねるにつれ、元の肌質よりも、ケアしているか否かが勝ってくると言います。

 

自分に合った美白ケアで年齢不詳肌を目指したいですね!

40代におすすめの美白化粧品はこちら

透輝の滴(とうきのしずく)

 

40代におすすめしたい化粧品が、ドクターリセラ「透輝の滴(とうきのしず)」です。

 

いわゆる美白化粧品ではなく、エイジングケア美容液なのですが、使用者の方のクチコミでは「お肌の色がワントーンあがった」「ツヤが出て卵肌と言われるようになった」など、エイジングケアをすることでお肌が明るくなったという実感を持たれるようです。

 

そもそも40代の美白ケアは「お肌を白くしたい」「シミをなくしたい」というよりも、肌のたるみやハリを取り戻したうえで、美白したいという方のほうが多いのではないでしょうか?
なぜならお肌が白くなっても、たるみがあったり、ハリがないとお肌はくすんで見えてしまうことを実感されているからです。

 

また、ドクターリセラ「透輝の滴(とうきのしず)」は、海洋深層水αGri-xとすべて事前由来の美容成分のみで作られています。
(石油系合成界面活性剤、防腐剤(パラベン)、合成香料、合成着色料、鉱物油は一切配合されていません。)
医学会が認定した、医学雑誌にも掲載された美容液でもあります。

 

そのためか全国のエステティックサロン、2,000店舗以上で使用されています。

 

まずは美白ケアの前にエイジングケアにより、ワントーン明るくなったお肌を実感してみてはいかがでしょうか?

 

エイジングケア<透輝の滴>くわしくはこちら!

 

 

 

 

 

美白化粧品ランキング