シミのタイプ別・スキンケアのコツ

見た目年齢を一気に引き上げてしまうシミ。

 

できればシミ一つない肌を目指したいですよね。

 

年齢とともにどうしても気になってくるシミですが、一口にシミと言っても、その原因は様々です。
そしてシミができた原因が違えば、対処法も異なります。

 

シミの種類は大きく分けて4つ。
それぞれのシミの見分け方とケアのポイントをご紹介します。

 

最も多いのは紫外線によるシミ!

まず、シミの中で最も多いのが「老人性色素班」というもの。
一般的なシミがこれです。

 

「老人性」という言葉を聞くと、「なんだかあまり関係なさそう・・・」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
紫外線によるシミのことです。

 

紫外線によるシミは、加齢とともに肌に現われやすくなることから「老人性」という名前がついているようです。

 

余談ですが、以前は生活習慣病のことを成人病と呼んでいましたよね。同じような感じかもしれません。

 

紫外線によってどうしてシミができるかというと、紫外線によりメラニン色素ができるからです。

 

よく、美白化粧品のパッケージには「メラニンの生成を抑えてシミを防ぐ」などと書いてありますよね。
これを見るとメラニンが悪役のように感じるかもしれませんが、もともとメラニン自体は必要なものです。

 

細胞に紫外線が当たって細胞が死んでしまったり、悪影響を受けてしまうのを守るために、メラニンは作られています。

 

例えば、日焼けして黒くなっても時間が経つと元の肌色に戻りますよね。
これは、一時的にメラニンの生成が活発になったものの、ターンオーバーに伴ってメラニンが排出されるからです。

 

ただ、何らかの理由でメラニンが過剰に作られてしまったり、
本来ターンオーバーとともに排出されるメラニンがうまく排出されずに溜まってしまうと、シミとなってしまいます。

 

こうしてできる老人性色素班ですが、頬骨の高いところや、こめかみあたりにできることが多いです。
このあたりは顔の中でも高くなっているので、紫外線の影響を受けやすいのです。
色は薄茶色で輪郭がはっきりしていることが多く、形は丸や楕円であることが多いです。

 

対策としては、紫外線ケアをしっかりする、シミに働きかける美白化粧品を使うなどのことが挙げられます。

 

紫外線に当たらなくてもできるシミもある!

次に、「肝斑」です。聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

内服薬のCMで一躍有名になった肝斑は、紫外線に当たらなくてもできると言われています。
はっきりとした原因は分かっていないのですが、ホルモンバランスの乱れや、ストレスなどが原因になると考えられています。

 

妊娠やピルの服用などとの関係も指摘されています。
肝斑ができやすい年齢もほぼ決まっていて、30〜40代に集中しています。
どのようなシミかというと、両頬などに左右対称にできることが多いです。
この左右対称というのが肝斑の特徴で、輪郭がもやっとして薄く、広いシミになることが多いです。

 

そして、ホルモンバランスが大きく関係する肝斑には、内側からのケアが効果的です。
サプリメントや薬などの力を借りましょう。

 

なお、一般的にシミに効果があるとされるレーザー治療ですが、
肝斑の場合はかえってレーザーによって濃くなってしまうこともあるようです。
せっかくのケアでシミを濃くしてしまっては悲しいですから、やはり自分のシミのタイプを知ることは大切ですね。

 

ニキビや化粧品かぶれもシミの原因に!

次に、「炎症後色素沈着」です。
名前の通り、炎症の後に色素沈着が起こってしまい、シミとなるものです。
ニキビをつぶしてしまった後などにシミになった経験はありませんか?
これも炎症後色素沈着の一種です。

 

ニキビや化粧品による炎症、また摩擦やアトピーなど、様々な炎症によって起こる可能性があります。
原因としては、炎症による刺激によってメラニンが作られすぎてしまうせいだと考えられています。

 

メラニンは紫外線だけでなく、炎症によっても増えることがあるということですね。

 

こちらも、老人性色素班と一緒でメラニンが関係しているので、美白化粧品によるケアが効果的です。
また、ターンオーバーが乱れると色素沈着が起こりやすくなるので、角質ケアや保湿をきちんと行うことも大切です。

 

日頃から、肌を必要以上にこすらない、ニキビをつぶさない、などの心がけで予防したいですね。

 

遺伝が関係するシミもある!

最後に、「そばかす」です。
そばかすには、子供の頃からでき始めて思春期にピークを迎え、その後薄くなるものと、
大人になってからでき、年齢とともに目立つものがあります。

 

春夏になると濃くなって見えるのも特徴です。
できる場所としては、目元周りや頬が多く、小さいシミが散らばるようにできます。
そばかすは遺伝的な要素が大きく、できやすい体質の人とそうでない人がいます。

 

しかし、大人になってできるシミは紫外線の影響が大きいと言います。
なぜならそばかすには、活性酸素が関係しているからです。
活性酸素は、体や肌を酸化させる、エイジングの大きな原因と言われています。
紫外線に当たると、肌内に活性酸素が発生し、メラニンの生成を促してしまいます。

 

このことから、そばかすの場合も、やはり紫外線ケアと美白化粧品を使ったケアが効果的です。
また、活性酸素を減らすことも大切です。

 

タバコやアルコールを控える、ストレスを溜めない、
ポリフェノールやカテキンなど抗酸化成分が含まれた食べ物を食べるなどを心がけたいところです。

 

以上が代表的な4つのシミです。

 

自分のシミのタイプははっきりしましたか?こうして見てみると、
原因は違っても、最終的にはメラニンによってシミができるケースが多いということが分かります。

 

やはり、シミには美白化粧品を使った基本的なケアが一番ということですね。
美白化粧品ケアくすみ

 

 

 

 

 

美白化粧品ランキング