美白化粧品をもっと効かせるためには、落とすケアも重要!

「美白化粧品を使っているのに、効果が出ない」と、美白をあきらめてしまう人が多いと言います。
確かに、美白は根気のいるケア。

 

レーザー治療のように使ってすぐシミが消えるわけではありませんし、一日で明るい肌になるわけでもありません。

 

でも、「続けているのに効かないみたい」と思うなら、洗顔などの「落とすケア」を見直してみたほうがいいかもしれません。

 

美白美容成分

 

美白化粧品の要といえば、有効成分が多く配合されていることの多い美容液ですが、
それをきちんと肌に浸透させるためには、「きちんと入る肌」を作る必要があるんです。

 

古い角質が溜まってごわついた肌では、せっかくの美容液も浸透しにくくなってしまいます。
クレンジングと洗顔を丁寧に行って、
きちんと「落とした」上で、美容液を「入れる」ことが大切です。

 

その際に気を付けたいのは、しっかり落としたいからといってゴシゴシこすらないようにすること。

 

摩擦による刺激で、くすみやシミのもととなるメラニンが作られてしまうことがあるんです。
やさしくふんわりと、たっぷりの泡を作って洗いましょう。

 

また、顔をふくタオルもやわらかい素材のものを選ぶと安心です。
さらに、週に1〜2回、スクラブ洗顔をするのもおすすめです。
普段の洗顔だけでは、なかなか取り切れない古い角質もすっきりオフすることができますよ。

 

スクラブを使うと赤くなったり、かゆくなったりしてしまうという人は、ひと工夫を。
スクラブを肌にぐるぐるとのばさずに、肌にのせたらぽんぽんと指の腹で軽くプッシュするようにすると、刺激が和らぎます。

 

また、しっかり泡立てた洗顔料にスクラブを混ぜて使うのも、マイルドな使用感になっておすすめです。
きちんと「落とした」肌にこそ、美白化粧品が「入って」いくので、ただ入れるだけでなく、落とすケアも大事にしたいですね!
美白化粧品ケアしみ

 

 

 

 

 

 

美白化粧品ランキング