「バランスUVケア」で美白をサポート!

美白には、すでにできてしまったシミやくすみを改善する「攻めるケア」と、
シミやくすみの原因をあらかじめ取り除く「守るケア」の両方が欠かせません。

 

守るケアの中の代表格が、入ってくる紫外線を防ぐ、UVケア。
いわゆる、日焼け止めです。
紫外線SPF
紫外線が肌にダメージを与えるということは広く知られています。
今では、赤ちゃんのうちから日焼け止めを使ったりすることもあるようです。

 

そんな現代において「日焼け止めなんていらない、全く使ってない」という女性の方が少ないのではないでしょうか?
でも、正しく選んで、正しく使わないと、その効果は半減してしまいます。
つい「なんとなく」使いがちな日焼け止めについて、簡単に見ていきましょう!

 

【SPFだけでなく、PAにも気を付けよう!】
まず、選び方ですが、日焼け止めのパッケージに表示されている、「SPF」と「PA」という表記、違いは分かりますか?
SPFの強さは数値で、PAの強さは+の数で示されていますよね。
「SPF50」など、数字が目立つので、SPFの方ばかり気にしているという人も多いのですが、実はPAもとても大切なんです。

 

紫外線にはUVAとUVB波があり、SPFは、このうちUVBをブロックできる量を示しています。
UVBは主に、肌の表面に炎症を起こす原因となるもので、いわゆる日焼けや、乾燥などを引き起こします。

 

一方、PAは、UVAをブロックできる量を表しています。
UVAは、肌の奥の真皮にまで到達して、コラーゲンなどを壊してしまうので、
シワやたるみなどのエイジングサインを加速させると言われています。

 

UVAによる肌変化はすぐに肌に出るものではないのですが、その影響はUVBより恐ろしいともいえます。
しかも、UVAは夏に多くなるUVBと違い、一年中量があまり変わらないともいわれるので注意が必要です。
日焼け止めは夏だけという人も多いと思いますが、アンチエイジングのためには、一年中使ったほうがいいんです。

 

SPFの数値だけではなく、PAも気にしたいですね。
では、具体的にはどのくらいのものを使ったらいいのでしょうか?
SPFに関しては、30くらいあれば日常生活には事足りると言われています。
数値が上がると、人によっては刺激を感じることもあるので、肌が敏感な人は、低い数値のものをこまめに塗るほうがおすすめです。

 

一方PAは、+から++++までの4段階に分類されますが、こちらも日常生活なら++くらいで十分です。
レジャーやスポーツの時はもっと強いものがいいですね。

 

最近は、UV効果をもたせた化粧下地が多いので、
それですませている人も多いと思いますが、その時もパッケージをきちんと見て選んでみましょう!

 

【少量塗り&ムラ塗りを卒業しよう!】
次に、使い方を見てみましょう。
「ただ塗るだけじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが・・・確かにそうなんです。
でも急いでいるからといって、手のひらにざっとのばして一気に塗るのはおすすめできません。
なぜなら、小鼻や目の周りなどの細かいところにうまくのらずにムラになってしまうからです。

 

また、のびがいいからといって、少量を一生懸命伸ばすのもNGです。
あまり薄くのばしてしまうと、表示通りの日焼け止め効果が得られないことがあるんですよ。

 

また、春夏はどうしても汗や皮脂で落ちやすいので、日中塗り直すことも大切です。
とくに、頬や鼻の頭、おでこなど、高くなっている部分は焼けやすいので注意!

 

日焼け止めを塗り直すのが難しいという人は、UV入りのファンデーションやパウダーを使いましょう。
また、最近はスプレータイプの日焼け止めもあるので、一つあると便利かもしれません。

 

たかが日焼け止め、されど日焼け止め。
正しく使って、美白をサポートしたいですね!
美白洗顔

 

 

 

 

 

美白化粧品ランキング