美肌を妨げる、お風呂の悪習慣3つ

お風呂でスキンケア

お風呂はスキンケアの観点から見ても重要なステップ。

 

でもお風呂の中のことって自分一人の世界だから、意外と自己流で行われていることが多いんです。
誰にも指摘されないから、つい悪しき習慣が身についていることも多いんですね。

 

ここでは、ついやりがちだけど美肌の邪魔をしている3つの悪習慣をご紹介します。

 

@洗顔の時に湯船のお湯をそのまま使っている。
これはお湯の温度が問題です。
湯船のお湯は、好みはありますが、だいたい38〜42℃に設定している人が多いと思います。
38℃というのはかなりぬるく感じるので、40℃くらいの人が多いのではないでしょうか。

 

一方、洗顔に適した温度は35℃くらいと言われています。
冷たすぎると汚れが落ちにくいし、熱すぎると皮脂をとりすぎてしまい、乾燥<につながってしまいます。

 

35℃というのは、肌に触れたときに熱いとも冷たいとも感じにくい温度。
でも湯船にはるにはぬるすぎます。
ということで、湯船のお湯をそのまま使って洗顔すると、肌には熱すぎて、乾燥の原因になります。
水を加えて冷まして使った方が肌に優しいです。

 

「湯船のお湯は使っていないから大丈夫」という人も要注意です。
シャワーを使っていませんか?

 

A洗顔の時にシャワーを使う。
これもNGです。問題はシャワーの水圧です。
顔に直接シャワーが勢いよくあたることで、刺激になってしまいます。
刺激は炎症を引き起こす原因となり、それがもとでくすみやシミにつながることも。
手のひらにお湯をためてすすぐか、どうしても使いたい場合は水流を弱くして使うといいですよ。

 

Bお風呂に入ったら、まず顔から洗っている。
お風呂で使えるクレンジング料が増えているので、
まずお風呂に入ったら洗顔からという人も多いかもしれません。

 

でも実はこれもおすすめできないんです。
先に洗顔をしてしまうと、その後にシャンプーすることになりますよね。

 

シャンプーやコンディショナーをすすぐ際に顔についた成分が、肌に残ってしまい刺激になることがあります。
洗顔はシャンプーの後、と心得ましょう。

 

もしクレンジングを最初にしたい場合は、クレンジングだけ先にしてしまって洗顔は最後にと、分けるのがおすすめです。

 

いかがでしたか?
ちょっとした習慣が美肌の邪魔をしてしまってはなんとももったいない!

 

どれも簡単なことなので気を付けたいですね。

 

美白化粧品ケアコットン

 

 

 

 

 

 

 

美白化粧品ランキング