美白を内側からサポート!肌にいい食事とは?

肌にいいとされる食べ物はいろいろありますが、美白をサポートしてくれる食べ物にはどんなものがあるのでしょうか?

 

まず代表格は、「美白にはビタミンC」と言われるくらい、有名なビタミンC。

 

美白ビタミンC

美白化粧品にも配合されていますし、
シミ対策のサプリメントなどにも入っていることからも、その重要性がわかります。
ビタミンCにはシミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑える働きや、
アンチエイジングに効果のある抗酸化作用などがあります。

 

そしてビタミンCは野菜や果物に多く含まれていますが、
火を通すと壊れてしまうものも多いんです。

 

もちろん生で食べるのもいいのですが、なかなか量を食べるのも難しかったりするし、
何より生野菜ばかりでは体を冷やしてしまうこともあります。
冷えは健康上よくないのはもちろん、肌のくすみにもつながるので避けたいところ。

 

そこで、加熱してもビタミンCが壊れにくい食材はないかというと・・・あります!

 

かぼちゃやじゃがいも、ゴーヤなどは、構造上ビタミンCが壊れにくいと言われています。
また、ビタミンCは水溶性で、体の外に出ていきやすいので、一度にたくさん摂るよりも、三食にわけて摂る方が効果的だそうです。

 

次に、こちらもメラニンの生成を抑えると言われる、リコピンです。
リコピンの代表選手といえば、トマト。
サラダでも煮込み料理でも、またジュースなどでも手軽に摂取できるのもいいですよね。

 

もう一つは、こちらも抗酸化作用があるとされるアスタキサンチン。
こちらもアンチエイジング化粧品に配合されていたり、サプリメントでも有名ですよね。
多く含まれている食材は、鮭です。
鮭のあのオレンジの色味はこのアスタキサンチンによるものだそうですよ。

 

もちろんバランスのよい食事が基本ですが、無理なく取り入れて、内からも美白肌を目指しましょう!

 

 

 

 

 

美白化粧品ランキング